行 事 案 内

  ・会員でない方でも参加は自由です。気軽に参加してください。
  ・持物は、雨具、昼食、筆記用具。双眼鏡や図鑑はなくてもかまいません。
  ・服装は、ハイキングができるような服装で、冬は防寒、夏は帽子をお忘れなく!
  ・わからない点は、管理人あてメールでお問合せください。
  ・参加費として200円集めていますのでご協力ください。
 
 定例観察会  
  毎月行っている観察会です。
  第一日曜日 三番瀬自然観察会
  第二日曜日 行徳(新浜)自然観察会
  第三日曜日 谷津干潟自然観察会
  第四日曜日 花見川探鳥会

「野鳥撮影について」是非ご覧下さい(#^.^#)■


■■■参加費について:
      行事保険代を含めて参加費200円を集めます。
      ただし、学生以下の参加費は無料です。
      全てに共通で、それぞれの行事案内での参加費の表記は省略しています。




三番瀬(船橋)探鳥会 ~たくさんの水鳥にあえる~
期日 9月3日(第1日曜日)
集合 ふなばし三番瀬海浜公園バス停、10:00。
交通 京成船橋駅東口(JR船橋駅から南へ徒歩2分)から船橋海浜公園行きバスに乗車、終点下車。(9:20発があります。)
   また、JR京葉線二俣新町駅からは約2.5km。駅から約300mのバス停「二俣新道」から上記バスが利用9:33発)
案内 白いアジサシ・コアジサシやウミネコの群れ、黒い鳥カワウの群れ、キアシシギ、トウネン、オバシギ、
   コオバシギなどのシギ・チドリ・・・、たくさんの水鳥に会えます。
   干潟の生き物(カニ、貝、ゴカイ、海浜植物)も観察します。珍鳥に会えるのはこの時期です。
持物 観察用具、弁当、水筒、ぬれてもよい靴、帽子。
担当 杉本、田中、田島、渡辺。
共催 日本野鳥の会東京支部(担当:田久保)


●●夷隅川河口探鳥会(会員限定) ~平日の夷隅川河口周辺を散策します~
期日 9月5日(火)   (雨天中止) 
案内 ほぼ全行程を車に分乗して移動し、池沼、水田、河口干潟や海岸等で観察をします。
   秋の渡り途中のシギ・チドリ類、タカ類などに期待しましょう。
   その他どんな鳥に出会えるかはお楽しみに。解散は現地15:00頃の予定。
担当 富谷、鈴木。


●●葛西臨海公園平日探鳥会
期日 9月8日(金) 雨天中止
案内 東なぎさではメダイチドリ、チュウシャクシギ、キアシシギなどのシギ・チドリ類、ウミネコなどカモメ類、
   など様々な水鳥を観察します。汽水池を好むアオアシシギ、淡水池を好むカモ類など、
   それぞれすみ分けていて多様化満載!葛西臨海公園です。昨年は想定外のオニアジサシに驚きましたね。
   解散は14:30の予定。初めての方に、トイレの心配はありません。
   集合場所は意外に子供、小学生などいろいろな団体が多く込み合っていますので、
   三脚を立てスコープを持っているグループがいたら声をかけてください。
   コースは見失うと意外に見つけにくいですから注意が必要です。会えなかったら電話ください。
持物 観察用具、弁当、雨具、水分補給
担当 西沢、飯島。


行徳(新浜)探鳥会 ~渡り鳥がやってきた(カモ・シギ)~
期日 9月10日(第2日曜日)
集合 東京メトロ東西線行徳駅北口広場、10:00。(快速は停車しません。ご注意を!)
案内 2コースに分かれます。
    ①「行徳保護区コース」は、保護区の中をゆっくり回り、13:30頃解散。   
    ②「放水路経由コース」は、バス(大人400円)を使って、江戸川放水路と保護区を巡り、15:30頃解散。
北の国で繁殖を終えたコガモなどのカモ類、渡り鳥のキアシシギ、アオアシシギ、メダイチドリ、トウネン・・・
たくさんの水鳥や小鳥に会えます。保護区や江戸川放水路でトビハゼ、クロベンケイガニ、チゴガニ、
   ヤマトオサガニ、ウスバキトンボ、ギンヤンマなどの生き物を観察します。
   行徳野鳥観察舎は休館中、トイレは使用可。
持物 観察用具、弁当、水筒、雨具。
   参加費の他にバス代400円。
担当 田久保、西沢。


谷津干潟探鳥会 ~シギ・チドリの幼鳥を観察しよう~
期日 9月17日(第3日曜日) 雨天中止
集合①津田沼高校前バス停 10:00
  ・JR総武線津田沼駅南口から新習志野駅行きまたは幕張本郷行京成バスで津田沼高校前下車。
集合②谷津干潟 津田沼高校側の階段状の観察テラス 10:00
  ・京成谷津駅から徒歩20分
  ・JR京葉線南船橋駅から徒歩20分
   ・JR京葉線新習志野駅から徒歩20分             
案内 昨年は、5種類のサギ、14種類のシギ・チドリが見られました。
   オナガガモやコガモも繁殖を終えて谷津干潟に戻って来ているでしょう。
持物 観察用具、昼食。
担当 大村、斎藤、飯島。


●●小櫃川河口(盤洲)探鳥会 ~生き物がたくさん~
期日 9月23日(土・祝)
案内 秋の野草(ヒガンバナ、ツユクサ、シロバナサクラタデ・・・)がたくさん観察できます。
   アシハラガニ、チゴガニ、ヤマトオサガニ・・・たくさんのカニや貝が観察できます。
   シロチドリ、ミユビシギ、メダイチドリ、カワウ、アジサシ、そして珍しいオオメダイチドリ、
   コオバシギ、キリアイなども見られるでしょう。
持物 観察用具、弁当、水筒、帽子、長靴(濡れてもよい靴)。  
担当 田久保。


●●佐倉城址公園探鳥会 ~都市の中の森林で渡り鳥を探します~
期日 9月23日(土・祝)  (雨天中止)
案内 都市の中に残された森林の中を散策します。ヒタキ類やカッコウ類など秋の渡り途中の鳥を探したいと思います。
   当たり外れの多い時期なので期待はずれになりましたらご容赦ください。
   解散は12:00頃の予定。半日だけの探鳥会ですが、せっかくですので午後も希望者でもう少し散策したいと思います。
   参加される方は昼食をご持参下さい。
担当 富谷、飯島。


花見川探鳥会 ~冬鳥の先発隊に逢いに行こう~ 
期日 9月24日(第4日曜日)雨天中止
集合 花見川団地中央公園前バス停、9:30
交通 京成八千代台駅東口から花見川団地行バス(頻発)で約8分、上記下車。
案内 ようやく涼しくなり探鳥会も気分良く参加できると思います。
   例年、冬鳥の先頭バッターであるコガモやモズが観察されています。
   運が良ければオオタカ等の猛禽に会えるかも知れません。
   数年前には渡りの途中のサシバが観察されています。今年はどうでしょうか?解散は14:30頃の予定です。
持物 昼食、飲料、雨具、観察・記録用具、虫よけ、 帽子
担当 荒木。



BIRDER.jp - 野鳥・自然関連イベント情報へのリンク

10月の行事予定
10月1日(日) 三番瀬(船橋)探鳥会
10月6日(金)三番瀬お月見探検隊
10月7日(土) 泉自然公園探鳥会
10月8日(日) 行徳(新浜)探鳥会
10月15日(日) 谷津干潟探鳥会
10月22日(日) 花見川探鳥会
10月28日(土) 会報発送・幹事会
10月28日(土) 市川塩浜三番瀬探鳥会



《荒天等による行事開催中止の判断基準》
  千葉県野鳥の会では、参加者の安全を第一に無理のない快適な行事を開催するため、降雨や強風などの時には原則として行事開催を中止することにしています。
  また、天候や交通事情による場合のほか、担当幹事の都合により行事を中止することがあります。そのため、荒天等による行事開催中止の判断基準を下記のとおりとしました。

   なにとぞ行事中止にご理解くださいますようお願いいたします。
~ 記 ~
1.台風、地震、集団感染病などにより外出が規制される場合は中止とする。
2.「雨天中止」とした行事は、集合時刻に雨天(降雪等を含む)の場合は中止とする。 雨天でない場合でも、集合時の天候からその後にかなりの降雨が予想される場合や、
   それまでの降雨により悪路や河川の増水等で歩行が困難と判断される場合も中止とする。

3.「雨天中止」とした行事で、前日の午後7時頃から9時頃までのNHKの天気予報または気象庁発表の気象情報(電話177)で、開催当日の開催時間帯での天気が
   降水確率60%以上の場合は、集合時刻の天候にかかわらず中止とする。

4.急な中止が困難な1泊以上の宿泊を伴う行事や室内会など、「雨天中止」としていない行事は交通網等に障害がない限り開催する。
5.何らかの事情により担当幹事が集合時刻に集合場所に来ていない場合は、集合場所に居合わせた役員(幹事等)が担当幹事と連絡を取り、相談の上、
  集まった参加者に対する対応を図る。なお、担当幹事と連絡が取れない場合は中止とする。

6.前記の判断基準はあくまでも原則であり、判断基準では行事を中止するような場合でも、天候が回復し行事を開催することが可能となり、
  担当幹事も集合場所に来ているときは、担当幹事の判断で行事を開催する。

 
トップページへ戻る

inserted by FC2 system